健康保険の被扶養者になるための条件

健康保険の被扶養者になることができるのは、定められた条件を満たしている人のみです。
各健康保険組合では、条件を満たしているかどうかを審査した上で、被扶養者を決めています。
条件は、主に年収に関してつけられています。
具体的には、被扶養者になるには年収が130万円未満となっていることが必要です。
ただし障害年金受給者や60歳以上の人の場合は、180万円未満となっています。
そして年収が、被保険者の年収の2分の1以下となっていることも必要です。
つまり被保険者の年収が、260万円あるいは360万円以上必要ということです。
被保険者に、養えるほどの十分な経済力がある場合に、被扶養者になることができるというわけです。

ベトナムで安定的なオフショア開発

最新記事

  • 健康保険の被扶養者として認められるのは、被保険者の配偶者や子供だけではありません。
    基本的には …

    続きはコチラ…

  • ご家族の健康保険の被扶養者になっている方は、ご加入の健康保険によっては、被扶養者でも色々なサービスを …

    続きはコチラ…

  • 健康保険の被扶養者は法律によって決められています。
    この時に被保険者と同居をしていなくてもいい …

    続きはコチラ…